Mokiのダイエット成功への道

40代の主婦です。子育ても落ち着き、諦めていたダイエットに挑戦しています。

お弁当作りに大助かり~作りおき冷凍②~

広告

お仕事のお休みの日や週末に

お弁当用のおかずを作りおきして冷凍

~サブメニュー編~

 

お弁当に入れるときに、メインおかず(だいたいお肉料理)を1つ、そしてサブメニューおかずを2つが基本のパターン

サブメニューは色彩を考え、赤・黄・緑と明るい色になるように心がけています。

特に手の凝ったおかずを作っているわけではないけれど、朝ゆでたり、炒めたりとするとやはり時間がかかります。

そこで時間のある時に、数種類作りおきして冷凍しています。

 

この日はこちらの4品 

     f:id:myumyumoki:20210711151511j:plain

  • オクラの梅肉和え
  • パプリカとベーコン炒め
  • パプリカのカレー炒め
  • 海苔巻き卵焼き

 

     f:id:myumyumoki:20210711153400j:plain

オクラの梅肉和え

材料

オクラ      8本 

梅肉(チューブ) 1㎝くらい

かつおぶし    適量

①オクラを塩ゆでし、食べやすい大きさに切る

②チューブの梅肉を入れ、かつおぶしで混ぜたら出来上がり

 

     f:id:myumyumoki:20210711153413j:plain

パブリカとベーコン炒め

材料

パプリカ   半分

ベーコン   2枚

塩      適量

こしょう   適量

①パプリカ、ベーコンを適当な大きさに切る

②フライパンにベーコンを先に入れ炒め、パプリカを加え炒める

③塩・こしょうで味を整えたら出来上がり

 

パプリカのカレー炒め

材料    

パプリカ  半分

カレー粉  小さじ1

①パプリカを適当な大きさに切る

②フライパンでパプリカを炒める

③カレー粉を入れ、味を整えたら出来上がり

 

      f:id:myumyumoki:20210711153428j:plain

海苔巻き卵焼き

材料

卵    3個

白だし  小さじ1~2

醤油   少々

海苔   適量

①ボールに卵を割り入れ、白だし、醤油を入れる

②海苔を適当な大きさに切っておく

③卵焼き用で3回分に分け、1回分を流し入れ、海苔を2枚入れる

あとはくるくる巻き、2回目の卵を入れ、海苔を2枚入れると3回繰り返し、形を整えたら出来上がり

卵焼きは、冷凍に不向きと言われていますが、冷凍のままお弁当に詰めると食べるころには、解凍されふわふわのまま食べられます。

 

またサブメニューのおかずなどは、1回分づつ電子レンジ対応のお弁当カップに入れて冷凍しておくと、朝電子レンジで温め、冷めたらそのままお弁当箱に詰めるだけなので、洗い物もなくとても便利です。
 
 
広告